未来につづく「今」を大切に
時空を雄飛する人間教育に
全力をそそぎます。

無限の可能性を秘めた子どもたちが、社会に出てから
その能力をいかんなく発揮し、豊かな人生を送ることができる…。
そのために必要なのが、「勇気」「判断」「洞察」という3つの力です。
志学アカデミーは、これら3つの力を「学ぶ」ということを通して身につけていけるように、
生徒一人ひとりに、深い愛情と厚い情熱をもって指導していきます。
子どもたちの未来につづく「今、このとき」を大切にし、
「21世紀の時空を雄飛する人間教育」という私たちが掲げる教育理念の実現に全力をそそぎます。


どんな試練にも立ち向かえる、
勇気を育てます。

「ひとりで勉強できる」ということは、自分で調べて、
自分で考え抜くという単純なことなのですが、この単純なことが、
子どもたちが今後、自分の進路を決める時に必要な力となります。
人から与えられた道を進むのではなく、自分の進路を自分で考え決める。
そのために大切なのは、多くの情報の中から自分で調べて考え、
意思決定できる「自調自考」ができるようになることです。
志学アカデミーでは、授業の中で豊富なトレーニング量をこなします。
そこで養われる物事を適切に判断する力は、受験ではもちろん、
大学生や社会人になってからも、自分の進むべき道(進路)を決める時に
必要な力となります。


自分で調べて考え、
判断できる力を育てます。

「ひとりで勉強できる」ということは、自分で調べて、
自分で考え抜くという単純なことなのですが、この単純なことが、
子どもたちが今後、自分の進路を決める時に必要な力となります。
人から与えられた道を進むのではなく、自分の進路を自分で考え決める。
そのために大切なのは、多くの情報の中から自分で調べて考え、
意思決定できる「自調自考」ができるようになることです。
志学アカデミーでは、授業の中で豊富なトレーニング量をこなします。
そこで養われる物事を適切に判断する力は、受験ではもちろん、
大学生や社会人になってからも、自分の進むべき道(進路)を決める時に
必要な力となります。


今すべき行動を考え、
洞察する力を育てます。

自分の進路を決め、実現するためには、目標を見失うことなく、
適切に判断できる力が必要です。それには子どものうちから、
計画性をもって何かに取り組むという習慣づけが、訓練のひとつとなります。
志学アカデミーでは、学習に入る前に、学習計画表や
定期試験対策プログラム(中学部)を生徒自身で作成してもらいます。
そして、それぞれが立てた計画にそって、質・量ともに充実した学習内容により
トレーニングを積みます。それらの活動を通して、
先を見通し、的確に行動できる洞察力を養います。
目標に向かって、自分の今すべき行動を考え、計画的に行動できる力は、
進学・就職してからも大いに役立つはずです。

志学アカデミー五訓

志学アカデミーを知る

ページの上部へ